ショートケーキとキス

鬱治療中の大学生になりきれなかった大学生の日記

あたらしい

4月になった

春の匂いがわかるようになった

進学して一人暮らしを始めた人、社会人になった人、新しい場所での生活を始める人、いろんな人が新しい事を始める月だ

何も無かった週末なので相方の所にお邪魔していた

前回書いたように何故かイライラが酷くて行くのをやめようかと思っていたのだけど、暇なら来ないかと言ってくれたので行ってきた

日曜の夕方帰るはずだったが帰るのがめんどくさくなってしまい、バイトも午後からなのでこの月曜の午前中に帰っている始末である

今日は相方の大学の新入生オリエンテーションがあったらしく、最寄りのバスターミナルには新入生が溢れていた

期待に満ち溢れた新入生を横目に見ながら月曜日に絶望しバイトに向かう新2年生の私達

大学はこんな所なのかと絶望する前からの1年はあっという間だった気がする

転籍が上手くいってれば2年生になれていると思う(多分)

不出来な証明写真が新しい学生証になってると思うと恐ろしい

早急に撮り直したいところである

自主的な勉強になるのでそのへんは程よく頑張って欲しい

そんな私は急遽延期になった為睡眠導入剤を余分に持ってきておらず一睡も出来なくてオール状態である

うつ病不眠症約1年のお付き合い

寝てる間何回か起こしてしまったのだが、大丈夫?と心配してくれるので優しい

相方はとにかく優しい

私の語彙力が無さすぎるのが残念すぎる

今まで与えて欲しかったものをひょいっとくれる

こんなに簡単に貰えるものだと思っていなかったので驚いていた

優しくていい子だし、趣味も話も合うし一緒にいて楽しいなんて言ってもらえる普通にとても嬉しい

気づいて欲しかったことにいつも気づいてくれて

無意識で無理をしようとする私に無理はしないでと言ってくれ、自分に傷付けるくらいなら電話してと言ってくれる

一緒のシャンプーの匂いが嬉しくて、1番近くで聞こえる寝息が何よりも愛おしい

バイトやめたいなんて言いながらも、一緒にする貯金とか、交通費とか考えるともう少し頑張ってみようかと辞めるを延期している

また1週間、1週間と頑張らなきゃいけないわけだけど、大学のいろいろが始まるまではゆるく生きていこうかと思う

とりあえず次に会うまでには2キロは落としたいと思う所存である